活動報告

社会活動

くすりを通じて社会を知ることで社会に貢献できる医療人の育成を目指して、地域での「くすり教室」や「研修」活動を積極的に実施・参加しています。中でも、特定非営利活動法人医薬品適正使用推進機構(NPO J-DO)は、国民にくすりを安全に安心して使っていただくために薬剤師や国民に対する教育講演や学会を開催しています。その活動の一つとして、小学生にもくすりのことを知ってもらう講義や体験実験(くすり教室)を行っています。2014年度からは、薬物依存に関連する講義や体験実験も行っています。

2024年2月15日

つるまい薬薬薬連携協議会 ~吸入薬関連~(名古屋)

「つるまい薬薬薬連携協議会 ~吸入薬関連~」がアストラゼネカ株式会社の共催で、名古屋大学医学部基礎研究棟3階 第一講義室での対面(参加者数:30名)とZoom(参加者数:約20名)とのハイブリッドにて開催されました。一般講演では当室の野田幸裕が「効果的な吸入指導:陥りやすいピットフォール」と題して、特別講演では名古屋大学大学院医学系研究科 呼吸器内科学 教授 石井 誠先生が「最新ガイドラインから考えるCOPDの治療戦略」と題して講演を行いました。

本協議会には地域薬局の薬剤師を中心に、病院薬剤師など多数の参加がありました。いずれの講演後には、日常の業務における吸入療法や吸入手技に関する疑問、COPDの治療管理における非薬物療法に関する質疑があり、活発な意見交換が行われました。本協議会では、名古屋大学医学部附属病院での薬剤師による吸入療法外来の運用などに薬局薬剤師との医療連携の重要性が再確認でき、それを深める機会となりました。

今後の薬剤師吸入療法外来(喘息・COPD)をさらに充実した運用にできるようにしていきたいと思います。

(報告者:野田幸裕)

【一般講演】
野田幸裕
「つるまい薬薬薬連携協議会 ~吸入薬関連~」

2024年02月10日

くすり教室「イオン八事店 愛知」

イオン八事店にて「くすり教室:実験講座」のEプロを開催しました。240210NPO

2024年01月27日

くすり教室「イオン八事店 愛知」

イオン八事店にて「くすり教室:実験講座」のEプロを開催しました。240127NPO

2023年11月29日

くすり教室「八事小学校」

名古屋市立八事小学校にて「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」
「くすり教室:実験講座」「薬物乱用・依存」の出前授業・Eプロを開催しました。

231129NPO

2023/11/8

くすり教室「千音寺小学校」

名古屋市立千音寺小学校にて「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」
「くすり教室:実験講座」「薬物乱用・依存」の出前授業・Eプロを開催しました。231108NPO

2023年11月3日

くすり教室「名城大学祭 名城大学八事キャンパス 愛知」

名城大学八事キャンパスにて「くすり教室:実験講座」のEプロを開催しました。231103NPO

2023年8月6日

くすり教室「尾西生涯学習センター 愛知」

尾西生涯学習センターにて、一宮市薬剤師会との 共同企画として「くすりの正しい飲み方: くすりと安全に安心して付き合う」「くすり教室:実験講座」の出前授業・E プロを開催しました。230806NPO

2023年7月1日

くすり教室「静岡学園中学校・高等学校 静岡」

静岡学園中学校・高等学校にて「くすり実験教室:体験実験」の出前授業・Eプロを開催しました。230701NPO

2023年6月22日

2023年度「薬物乱用防止講話」岐阜県立本巣松陽高等学校(岐阜)

2023年6月22日、岐阜県立本巣松陽高等学校にて、2023年度「薬物乱用防止講話」が開催されました。

名城大学薬学部では出前講義の一つとして、高齢者や小学生にも「くすり」や「薬物依存」のことを知ってもらう授業や体験実験を特定非営利活動法人医薬品適正使用推進機構(NPO J-DO)の協力の下に行っています。今回は、岐阜県立本巣松陽高等学校の依頼により「若い人にも知ってほしい 医薬品の使い方と薬物乱用」と題して講演を行いました。

600名の参加者に対して、なぜ医薬品を使用するのか、使用するにはルールがあること、ルールを守らないと生命に危険を及ぼすことを順序立てて説明しました。

若い世代でも入手しやすい市販薬(一般用医薬品、OTC薬)のオーバードーズが増加しています。市販薬は基本的に安全性が高い薬とされていますが、どれだけ安全でも薬である以上飲み過ぎは危険です。一部の市販薬を大量に服用した場合、覚せい剤や麻薬と類似した作用が発現します。薬が切れると退薬症状や依存症状が強くなり、より多く使用してしまい、最悪の場合は死に繋がります。多くの若者がその危険性を知らず気軽な気持ちで手を染める場合があります。インターネットを通して購入しやすくなっている現状や薬物乱用のきっかけなどについて説明し、「誘われない!誘いをよせつけない!ハートをもつ」ことが重要であることを紹介して、講演を終えました。学校関係者や学生の代表者からはとても分かりやすく、問題意識が向上したという感想を頂きました。

(報告者:野田幸裕)

2023年6月3日

くすり教室「天白区連携講座 名城大学天白キャンパス 愛知」

名城大学天白キャンパスにて「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」「くすり実験教室:体験実験」「薬物乱用・依存」の出前授業・Eプロを開催しました。230603NPO

2023年2月25日

くすり教室「イオン八事店 愛知」

イオン八事店にて「くすり教室:実験講座」のEプロを開催しました。230225NPO

2023年1月29日

くすり教室「イオン八事店 愛知」

イオン八事店にて「くすり教室:実験講座」のEプロを開催しました。230129NPO

2022年11月19日

くすり教室「イオン八事店 愛知」

イオン八事店にて「くすり教室:実験講座」のEプロを開催しました。20221119NPO

2022年11月17日

くすり教室「名古屋市立千音寺小学校 愛知」

名古屋市立千音寺小学校にて「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」
「くすり教室:実験講座」「薬物乱用・依存」の出前授業・Eプロを開催しました。221117NPO

2022年11月5日

くすり教室「名城大学祭 名城大学八事キャンパス 愛知」

名城大学八事キャンパスにて「くすり教室:実験講座」のEプロを開催しました。221105NPO

2022年10月13日

くすり教室「岩倉市生涯学習センター 愛知」

岩倉市生涯学習センターにて「くすり教室:実験講座」の出前講義・Eプロを開催しました。221013NPO

2022年10月6日

くすり教室「イオン八事店 愛知」

イオン八事店にて「くすり教室:実験講座」のEプロを開催しました。20221006NPO

2021年10月19日

くすり教室「名古屋市立千音寺小学校 愛知」

名古屋市立千音寺小学校にて「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」
「くすり教室:実験講座」「薬物乱用・依存」の出前授業・Eプロを開催しました。211019

2020年6月4日

「令和2年度 Enjoy Learning プロジェクト」:募集中止となり申請叶わず

当室では出前講義の一つとして、「くすり」や「薬物依存」について高齢者や小学生に知ってもらう「おくすり教室」を特定非営利活動法人医薬品適正使用推進機構(NPO J-DO)の協力の下に行っています。本学では、在学中の学生が課外において多様な経験をし、自主的な学びの活動を広げることを大学が支援する「Enjoy Learning プロジェクト(通称:Eプロ)」を実施しています当室から「おくすり110として応募した活動が2018年度より2年連続で採択され当室メンバーが主体となって活動してきました。今年度も既存の活動に加え、新規の活動を計画し、申請しましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため令和2年度の募集中止となりました

今年度の企画はおくすり教室2020自分の健康を守るセルフメディケーションとして、以下を目的としました病気の予防・治療にあたるセルフメディケーションの意義を広めること、地域の方々のセルフメディケーション実践の手助けをすること、新型コロナウイルス感染症に対する感染対策の一環として適切な手洗い手指衛生の方法とその重要性を理解し、身につけてもらうことですその目的達成のため、OTC医薬品を選択する際に薬剤師に相談すべきポイントを記載したチェックリストを用いた授業身近な薬の成分についての授業適切な手洗い手指衛生について動画を用いた授業などを計画していました。

新型コロナウイルス感染症が収束していない現在、例年のように出前講義を行うことは困難な状況です。地域の方々と触れ合い、地域医療への貢献に寄与できる貴重な機会であるため現在活動できていないことが非常に残念ですこの機に内容を見直し薬学生地域の方々への関わり方について考え、来年度つなげていきたいと思います。

(報告者:細井香七、北澤沙英鎌田朋見

2020年2月19日

くすり教室「天白区役所 愛知」

天白区役所にて「くすりと食品との相互作用、適正使用」「くすり教室:実験講座」の出前講義・E プロを開催しました200219NPO